東 浩紀。 東浩紀「コロナ禍で『リベラル』な知識人は『監視社会』を肯定してしまった」

東浩紀 Hiroki Azuma(@hazuma)

浩紀 東

ぼくは天皇制に反対する立場ではありません。 東 というと? —— すごく普通のトーンで、「おれ、けっこうサルトルとか良いと思うんだよねえ」って。 主にSNS時代の人の繋がりや社会、環境の重要性について書かれています。

20
だからこそ、地域に根ざし、地域の人たちと意見交換し、生の声を聞きながら設計することを意識してきた。 当日の現場のほうは佐々木千佳・安藤昭子・吉村堅樹が舞台まわしを仕切った。

東浩紀「毒にも薬にもなるネットのこれからは“数の競争”の外に出ることが重要だ」

浩紀 東

。 —— で、これをさまざまな哲学者、ルソー、ヴォルテール、カント、ヘーゲル、シュミット、コジェーヴ、アーレント等などの近代の哲学者の概念を用いて解き明かしているんですが、そこかしこで東さんの超要約力が炸裂しているというか。

9
それは本書での「正しい宛先にむけて正しく言葉を伝えることは、政治的でも公共的でもないのだ」(10)というメッセージににも繋がるものである。

東浩紀氏が謝罪 あいちトリエンナーレ「企画アドバイザー」、今年度の委嘱料辞退を申し出: J

浩紀 東

—— では次回は、現代に生きる「観光客」の正体についてお話を伺えたらと思います。

17
「顔」と「言葉」と「本」を現場と送信画面をスイッチングしながらつなげたのである。 刊行情報• たとえば、ゲンロン初の書籍『思想地図beta1』(2011)の巻頭言にはこう書いてありました。

東浩紀

浩紀 東

しかし、「僕の体力に左右されない会社にしたい。

12
紙の本には紙の本の良さが、インターネットにはインターネットの良さがありますから、それぞれを活用して、ゲンロンの活動を大きくしていきたいですね」 思い入れの品などありませんか? とたずねると「モノにはそんなにこだわりがないんですよね。 提供 東浩紀/批評家・作家。

東浩紀

浩紀 東

東京大学大学院博士課程修了。

1
第1の対話は2012年、第2の対話は2018年、そして講演は2019年のものであり、過去と現在を知ることができるというのは、それぞれの対話と講演時期を見ただけでもわかる。

東浩紀『哲学の誤配』

浩紀 東

かつてが理解を示さなかった東氏の考える公共性・政治性について、パク・カブン氏が「脱政治的な実践戦略」として位置付けて日本人読者に提示していることも、本書において注目すべきところである。 —— 構成としては、第一部が「観光客の哲学」、第二部が「家族の哲学 序論」と題されてますよね。

人々の考えは多様です。

東浩紀の妻や娘の学校や名前は?結婚と子供は何人?義理の父親は?

浩紀 東

たとえば海堂尊の『コロナ黙示録』(宝島社)だ。 また、パク・カブン氏の解説も、東氏の思想を知る上で参考になる。 —— 表紙が美術家の梅沢和木さんによる、グーグル・マップの…… 東 そう言われてみれば似てなくもないかな?(笑) —— なんかかっこいいマークですね、的な(笑)。

14
東 ありがとうございます。