小 規模 宅地 の 特例。 小規模宅地等の特例とは?自宅は相続税が8割引きです!

小規模宅地等の特例をわかりやすく解説。相続した土地にかかる相続税を最大80%減額

規模 の 小 特例 宅地

限度面積400㎡• このとき、親が亡くなった場合は、息子が住んでいた大阪のマンションは特定居住用宅地等に該当するのです。 上記の「特別の関係がある一定の法人」とは、特例の適用を受けようとする本人またはその配偶者、三親等内の親族、内縁関係者等、本人と近しい関係にある者が一定数以上の株式を保有するなど影響力を及ぼすことができる会社のことを指します。 小規模宅地等の特例は宅地等の取得者ごとに要件がありますので、それらの要件を満たしていることが大前提となります。

7
亡くなった人と同居していた別の相続人がいないこと• 相続が発生したときに、亡くなった人と一緒に住んでいた親族が自宅を相続した場合には、自宅の評価額は8割引きになります。

小規模宅地等の特例を適用できる駐車場とは?具体例で徹底解説!

規模 の 小 特例 宅地

注意点としては、 「亡くなった人のやっていた事業と同じ事業を申告期限まで継続する必要がある点」です。 『新たに』被相続人等以外の者の居住の用に供されている宅地等に該当しないからです。 家なき子となるには、少なくとも以下の4点を満たしていなければなりません。

4
非同居の親族が相続する場合は、 当該土地の相続人は相続開始前3年以内に3親等内の親族、特別の関係にある法人が所有する、国内にある家に住んだことがないこと 相続開始時に居住していた家屋を、相続開始前に所有していないこと bについては、土地の取得者となる被相続人と生計を一にしていた親族が、相続開始から相続税の申告期限までその土地を売らずに所有し、居住していることが必要です。 ただし、本当に同居していなければなりません。

相続税を節税できる「小規模宅地等の特例」とは?

規模 の 小 特例 宅地

住居として住んでいた土地 [特定居住用宅地等] 適用できる土地の限度面積 330㎡ 減額割合 80% 事業で使っていた土地 [特定事業用宅地等] 適用できる土地の限度面積 400㎡ 減額割合 80% 人に貸していた土地 [貸付事業用宅地等] 適用できる土地の限度面積 200㎡ 減額割合 50% 3. (4)その老人ホームは、被相続人が入所するために被相続人又はその親族によって所有権が取得され、あるいは終身利用権が取得されたものでないこと。 貸していた土地 と、大きく分けて3種類があります。 2 平成19年10月1日から相続の開始の直前までの間において、その賃貸借契約の契約事項に一定事項以外の事項の変更がない賃貸借契約に基づき、引き続き、郵便局舎の敷地の用に貸し付けられていた宅地等であること。

ただし、平成31年の税制改正により、相続開始前3年以内に事業の用に供された土地等は、対象から除外されることになりました。 「家なき子」とは、被相続人と同居をしていなくても小規模宅地等の特例を利用できるという制度です。

相続税を節税できる「小規模宅地等の特例」とは?

規模 の 小 特例 宅地

<ケース1> 健常者専用の高級老人ホーム入居の場合 ケース1は、小規模宅地等の特例を 適用 できません。

12
小規模宅地の特例の適用を受けるために必要な書類 小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、相続税申告書に一定の書類を添付する必要があります。 従来は、自分自身や配偶者名義の自宅が無いことが条件であったため、親族などに自宅を売却して自ら「家なき子」になるようにして無理やり適用を受けようとする手法が問題視されたためです。

【図解】小規模宅地等の特例で特定居住用宅地が使える要件・使えない要件

規模 の 小 特例 宅地

また、貸付事業用宅地等で論点となるのが「相当の対価」で貸付をしているかという点です。

5
小規模宅地等の特例は、次のように、その適用を受ける宅地の種類ごとに、特例を適用できる面積と減額される割合が異なります。

小規模宅地等の特例をわかりやすく解説。相続した土地にかかる相続税を最大80%減額

規模 の 小 特例 宅地

小規模宅地等の特例は、亡くなった方の居住用宅地が対象です。 居住用、事業用の宅地…評価額80%減額• (注)• 1-3-1. 同居かどうかの判断が難しいケースも多々あります。 2 減額される割合等 小規模宅地等については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、次の表に掲げる区分ごとに一定の割合を減額します。

9
区分所有の登記をしていた場合でも、「共有登記」や「合併登記」を行うことで特例の適用を受けることができます。 親族がその家以外に生活の拠点になる家を持っているかどうか• これは、増築部分を含めて1つの建物とみなされるので二世帯住宅にあたります。

小規模宅地等の特例が適用されるかを宅地の用途別に解説

規模 の 小 特例 宅地

相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの) そのほか、家なき子のときは、居住家屋の登記簿謄本や被相続人が老人ホームに入居していた場合には、介護保険証や老人ホームの入居契約書などケースによって添付資料が異なってきます。 限度面積及び減額割合 被相続人が貸付事業用として人に貸していた土地に小規模宅地等の特例を適用する場合、適用できる土地の限度面積は200㎡、減額割合は50%となります。 住んでいた土地/特定居住用宅地等 特定居住用宅地等とは、被相続人(亡くなった人)が住んでいた宅地で、配偶者または一定の条件を満たす親族が取得した部分のことをいいます。

19
(6)特定同族会社事業用宅地等の取得者の要件 相続開始の直前において、被相続人の所有する宅地等を、被相続人およびその親族等が、当該法人の発行済株式総数又は出資総額の過半数を有している法人が、事業の用に使用している場合、 被相続人の親族で当該宅地を取得した者が、相続税の申告期限までに当該法人の役員に就任し、かつ、相続税の申告期限まで継続して当該宅地を所有していることが必要とされます。 「」でまとめています。

小規模宅地等の特例とは?適用要件や節税メリットをわかりやすく解説【税理士監修】

規模 の 小 特例 宅地

さらに、ここでは、特定居住用宅地と不動産貸付用宅地とが適用されるため、適用面積の上限規制がありますので、それを計算します。

4
相続税の申告期限まで宅地等を所有していること• 2.相続人に関する要件 小規模宅地等の特例を最もスムーズに適用できるのは、被相続人の配偶者です。