テセウスの船 原作 犯人。 「テセウスの船」原作ネタバレ|犯人は誰?タイトルの意味は?タイムパラドックスに挑むミステリー

テセウスの船|原作漫画のネタバレ〜あらすじを時系列で紹介〜

原作 犯人 テセウスの船

ラストシーンは大人になった過去の加藤みきおが街中で黒いフードを被り、鋭い目つきでこちらを見ているシーンで幕を閉じる。 「嫉妬心」が動機ということですね。

19
それでも、木村ミキオはナイフを持って、父・佐野文吾に襲いかかるが、父・佐野文吾に発砲されて死んだ。 テセウスの船結末のその後 それから28年後、昔、家族みんなで埋めたタイムカプセルを探しに行く文吾。

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?|しらしる。

原作 犯人 テセウスの船

そんな加藤みきおの共犯者となるのが、木村さつき先生です。

20
さらに、父・佐野文吾は、事件後に佐野家から青酸カリが見つかったのであれば、事件前に置かれた可能性が大きいと言い、田村心に佐野家で青酸カリを探すように頼むと、加藤信也を指名手配するため、警察署へと向かった。

【テセウスの船】原作のあらすじネタバレ!犯人が音臼小を狙った理由とは?

原作 犯人 テセウスの船

こうして木村ミキオは、事件の真相を田村心に明かすと、山小屋に火を放つのだった。 しかし火の中を逃げてきた田村心が盾になり刺された。

12
金丸殺害は加藤みきおが実行犯 石坂校長が実行犯だとすると金丸が「おーい、この辺りかー?」という言い方はしないと思うので、崖の上にいたのは加藤みきおで、それを見ていた佐々木紀子が「小さな子どもがこんなことするなんて・・・」と思って怖くなり、村を出たのではないでしょうか。

テセウスの船ネタバレ結末!原作の最終回は心が死ぬ悲劇で終わる?

原作 犯人 テセウスの船

校長が佐野駐在所を訪れ、和子に身の上話をするシーンはドラマオリジナル• 本作の軸となるのは、1989年、平成改元からまもなくして宮城・音臼村の小学校で起こった無差別大量殺人だ。 タイムスリップした心は死んでしまいますが、心がタイムスリップした世界で生まれる心は父が冤罪で犯人されることもなく、由紀と結ばれるというラストになりました。

10
スポンサーリンク 【テセウスの船】佐々木紀子はなぜ青酸カリを盗んだの? 松尾(佐々木)紀子は、翼から指示されて勤めていたメッキ工場(さつきの実家)から青酸カリを盗みだします。

「テセウスの船」原作ネタバレ|犯人は誰?タイトルの意味は?タイムパラドックスに挑むミステリー

原作 犯人 テセウスの船

小学5年生の男の子が犯人なんで驚いた方も多いかと思います。 ここに居ればいい。

11
だから、念願の夢が叶って、田村心はとても嬉しそうです。

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?|しらしる。

原作 犯人 テセウスの船

ドラマを見る前に原作を読んでおさらいして、ドラマを楽しむのもいいですね。

それを見た文吾はハッとした表情を見せ、意味を理解した様子。