西武 池袋 線 特急。 時刻表 :西武鉄道Webサイト

西武鉄道、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」内覧会。大型ガラスを採用した車窓から臨場感ある風景が楽しめる

特急 西武 池袋 線

- 鉄道新聞 2015年11月7日発信• 練馬は・秩父芝桜開花時に一部停車。

駅前はへのが発着するのみで、普段は閑散としている。

特急ラビュー・レッドアロー号 :西武鉄道Webサイト

特急 西武 池袋 線

2017年以降は、夕方のみ池袋線池袋駅から飯能方面へ向かい、池袋駅へ戻ってくるコースも用意された。 また運行初日の4月27日には、「Laview 新宿線初運行記念セレモニー」が行われる。

7
ひばりヶ丘駅で急行などと待ち合わせをする(長年、池袋発の下りでは当列車が発車する2分後に急行が発車していた)。 ホームの西側には線路一本分の土地があり、飯能短絡線(前述)との合流用とされていた。

ちちぶ (列車)

特急 西武 池袋 線

運転区間は池袋駅 - 所沢駅・小手指駅・飯能駅(下り1本のみ)・西武秩父駅間(シーズン時下りのみ)で基本的に10両で運転していたが、西武秩父駅行のみ小手指駅で前の2両を切り離していた。 特急券の予約の際などでは臨時の「むさし」扱い。

9
高田馬場駅、、、所沢駅に停車。 停車駅パターンが「ちちぶ」と異なるために愛称で区別した。

時刻表 :西武鉄道Webサイト

特急 西武 池袋 線

(平成27年)4月18日・19日:西武新宿駅 - 西武秩父駅間に「おくちちぶ」を運転。

13
2016年も2015年と同様だが土日のオープン戦開催日は復路のみの運転に変更となった。

小江戸 (列車)

特急 西武 池袋 線

副都心線方面は平日上りと土休日下りのそれぞれ1本以外は「副都心線内急行・東横線内特急」で運転され、のダイヤ改正以降このパターンの列車は「 」の愛称が付いている。

6
また、フルカラーLED表示器でも水色地に白文字、3色LED表示機では無点灯地に緑文字で表記される。

特急ラビュー :西武鉄道Webサイト

特急 西武 池袋 線

ダイヤそのものはから既に存在していたが、当時の池袋線関係の列車種別は平日の定期ダイヤの場合だと「特急・急行・準急・各駅停車」のみだったため、現在の「通勤急行」という種別が設定される前は「ひばりヶ丘駅には停車しない急行」や「朝だけ東久留米駅・保谷駅・大泉学園駅に停まる急行」といった表現で利用者は解釈していた(当初は石神井公園駅も通過)。 体の不自由な男性客• この側線は深夜に車両が留置される。 が停車駅になる。

17
臨時列車 [ ]• 」となっている。 今後この土地を使う予定は無い。