ジェン ティル ドンナ。 JRA岩田康誠「お母さんくらい走れていい」阪神JF(G1)ジェンティルドンナで味わった「屈辱」……抽選「5/7」に託された「千載一遇」のチャンス

石坂正師 貫いた馬本位「未練は何もない」ジェンティルドンナなど手掛けた名伯楽が引退/競馬・レース/デイリースポーツ online

ティル ドンナ ジェン

以下の表において、出走馬は灰色の枠で表示する。 「まだまだ良くなると思う。 3歳(2012年) 3歳となっての初戦にはが選ばれた。

17
2020年4月7日閲覧。

ジェンティルドンナ:競馬の殿堂 JRA

ティル ドンナ ジェン

母・は現役時代に英G1、英G2チェリーヒントンステークスを優勝し、3歳で競走生活を終えると2006年のタタソールズ・ディセンバーセールにおいて当時のレートで日本円にして約1億2000万円でノーザンファームに購入され、日本で輸入された。 外と大幅な体重で心配されたが、は斤量差を生かし果敢な先行策に打って出ると折り合い良く中を進め、最後の直線で追い出しにかかる。 1999年の仏G1、2000年の英G1では、いずれも日本から遠征してきたに敗れている。

9
最終の有効件数は143,863件、有効投票総数は957,708票だった。 ・との親子制覇(どちらもで、産駒では初制覇) という記録ずくめのとなった。

ジェンティルドンナ

ティル ドンナ ジェン

1回はバランスを崩して宙に浮いた。

2
立場は変わるが、これからも馬とともに生き続ける。 1番人気に支持されたが、この日は不良馬場の中で行われ後方から差を詰めるだけの競馬になってしまい 前を捉えきれず2着に敗れる。

JRA岩田康誠「お母さんくらい走れていい」阪神JF(G1)ジェンティルドンナで味わった「屈辱」……抽選「5/7」に託された「千載一遇」のチャンス

ティル ドンナ ジェン

そして迎えたレースでは前走とは打って変わってが作り出す1000m通過62秒4の超スローペースを折り合いをつけて4、5番手の内に位置し 、直線で早めに先頭に立ちの追撃をハナ差で振り切り連覇を果たした。

4
出典 2020年2月16日閲覧。 ジャパンカップ3連覇はならなかった。

石坂正師 貫いた馬本位「未練は何もない」ジェンティルドンナなど手掛けた名伯楽が引退/競馬・レース/デイリースポーツ online

ティル ドンナ ジェン

東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 2 03 03. お疲れ様でした。

2
2歳女王のに次ぐ2番人気に支持されたが、レースは2週間前の発熱の影響で体調が万全でなく 、中団につけるも直線で伸び切れずの4着に敗れ、桜花賞の優先出走権獲得はならなかった。 そのときは初対面で、席が遠かったため、お話させていただくことはありませんでしたが、Sさんの嬉しそうな表情も忘れられません。

第59回有馬記念

ティル ドンナ ジェン

で賞を積んでいなければがだった可性が高い。 また制覇によって、• レースは17頭立てで、ともに8枠。 1例目は、1984年に(10着)と(3着)が対戦。

13
脚注 [ ] 注釈 [ ]. 牡馬三冠馬と牝馬三冠馬の対決は史上初である。

【ジャパンC】戸崎、ジェンティルドンナとも違うアーモンドアイの背中「手放したくない」― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

ティル ドンナ ジェン

数日前の、直前までのにより荒れていた内を嫌ったは、外に持ち出すべくを弾こうとしたが、これを読んでいたには通じず逆に弾き返される結果に。 貫いてきた馬本位の姿勢は、最後まで変わることはない。 2018年にが124ポンドを獲得して更新。

7
はやはり昨年の、前走G2・前々走2着のに次ぐ3番となったが、それでも4. 6 (ヴィルシーナ) 2012年9月16日 ローズS(GII) 阪神 1 岩田康誠 芝1800 1:46. 6 54kg (ヤマニンカヴァリエ) 京都 GIII 芝1600m(良) 15 4 07 04. 当時、サンデー募集の関西馬が勝ち星を量産し始めた時期でもあり、それはひとえにノーザンファームしがらき(の松本場長)の成果で、この外厩施設で鍛えられた馬は、これからもどんどん活躍馬を出すに違いない、そんなことを話した記憶があります。 ドの、実質重のといったの要るで連敗を喫したことにより、両よりが重くなることが想定されるへの挑戦は厳しくなったと言える。

JRA「三冠達成」アーモンドアイは過去の三冠牝馬より上なのか。ジェンティルドンナとの比較は……

ティル ドンナ ジェン

テーブルの隣の席でご一緒だったノーザンファームしがらき松本場長とお話させていただいたことも鮮やかな記憶に残っています。 昨年はに敗したものの、 今年こそはと営もかなり気合を入れて望んだ。

勝ったセントスは昨年のこそのが合わず11着と惨敗していたが、中のを転戦しGI三勝、負けたでも堅実に着を拾って実績を積み重ねてきた有。 バテないタイプで、距離は2000mくらいが良さそう。