宇都宮 線 路線 図。 JR宇都宮線(東北線)

栃木県 駅・路線図から地図を検索|マピオン

路線 宇都宮 図 線

2017年3月3日までは3ドア車両を使う列車として、午前中に両毛線直通の高崎駅発着の列車が1往復設定されていた。 ただし、途中駅での通過・接続待ちや小金井駅での車両の連結・切り離し作業のため、所要時間は各列車でまちまちである。 :川口駅 - 大宮駅間で完全立体交差化が完成し、同区間の踏切を除去。

その後優等列車は「日光」に一本化され、1978年(昭和53年)10月1日のダイヤ改正で季節列車を含めて直通列車は上野駅・大宮駅発着便のみの9往復となり、東北新幹線開業に伴い上野発日光行きの普通列車1本をのぞいて消滅した。

JR高崎線の路線図

路線 宇都宮 図 線

全区間10両または15両編成で運転される。 255列車(上野発赤羽行き:3等車のみ、8時50分)• あらかじめご了承ください。 上りの一部列車は、浦和駅または赤羽駅で、上野東京ライン東海道線直通列車に同一ホームで乗り換えができるほか、終点上野駅で上野駅始発の列車に連絡する列車もある。

ながら全車両制を採用していた。

JR日光線(宇都宮−日光)の路線図・停車駅

路線 宇都宮 図 線

の開業改正で東北特急が大幅削減されたため、再び宇都宮駅 - 高崎駅間2往復と、黒磯駅 - 高崎駅間1往復の毎日3往復の直通列車が設定されるようになった。 ほとんどの列車が基本編成(10両)と付属編成(5両)を連結した15両編成で運行されているが、一部は基本編成のみの10両編成で運行される。 停車駅:上野駅 - 赤羽駅 - 浦和駅 - 大宮駅 - 久喜駅 - - 栗橋駅 - 古河駅 - 小山駅 - 石橋駅 - 宇都宮駅 - 宝積寺駅 - 氏家駅 - - - 黒磯駅• 同駅付近の「」が全廃される。

16
267列車(上野発赤羽行き:3等車のみ、22時20分)• 快速「」• このうち夕方に上野行きの上り1本が、平日は通勤快速、土曜・休日は快速「ラビット」として運行されていた。 路線バス各停留所の時刻表を検索できます。

JR宇都宮線(東北線)

路線 宇都宮 図 線

熱海・小田原発の東京経由小金井・宇都宮・黒磯 行き:1本• 「宇都宮線」の愛称が設定されたのは(2年) で、それまで「東北線」と案内されていた区間を中心とした区間を走行し、東京駅 - (通過)間と - 黒磯駅間はを、日暮里駅 - 赤羽駅間は東北本線尾久支線()を経由する。 日中は1時間に上野東京ラインが3本、上野駅発着系統の宇都宮線列車が1本、湘南新宿ラインが2本(1本は快速)設定されており、高崎線に直通する列車(1時間に6本)も含め、東京駅 - 間は、併走する電車に対する快速列車の役割も果たしている。

2021年3月13日(土)ダイヤ改正で「通勤快速」を「快速」に統一。 直通先の横須賀線内も各駅に停車します。

栃木県鉄道路線図

路線 宇都宮 図 線

:()の発生により全線にわたり運休となる。 一部指定席。

3
沿線概況 [ ] 停車場・施設・接続路線. (平成25年)3月16日:浦和駅の高架化工事完了。

運賃・経路・時刻表検索-関東自動車株式会社

路線 宇都宮 図 線

(平成20年)改正では、データイムにおける下り普通列車の発車時刻パターンが変更された。 2010年12月4日のダイヤ改正で宇都宮駅直通列車が1日10往復に倍増されたが、烏山線内の列車を含む1日あたりの運行本数は18往復から16往復に減便され、日中約60分間隔の運行が約90分間隔に変更された。 225列車(上野発・黒磯行き、5時20分)• (明治43年):白岡信号所を駅に変更して開業。

14
(平日)下り10本、上り6本、(土休日)下り5本、上り6本 詳細は、各列車の記事を参照。 中田仮駅を中田信号所に変更。